AirPodsレビューしてみようじゃないか

Reviews
スポンサーリンク

完全分離型ワイヤレスイヤホン、AirPods

AirPods は昨年 9 月に Apple 社から発表されたワイヤレス イヤホンです。開発の関係で当初の発売予定から二ヶ月ほど遅れた昨年の 12 月中旬に販売が開始された.

特徴として完全分離型のワイヤレスであることが挙げられます。他社製品にもワイヤレス イヤホンは存在しており、それ自体は目新しいものではないです。しかし、それらの製品はイヤホンのスピーカー部分がワイヤレスのレシーバーとケーブルで繋がっており、イヤホンのケーブルの取り回しから解放されているわけではありません。

対してこの AirPods は完全分離型です。ユーザーをケーブルが擦れる音も首筋にひっつく嫌な感触からも解き放ってくれます。また、Apple 製品であるため iPhone との親和性が非常に高い。iPhone の横でケースを開けるだけで下の画像のように接続を知らせてくれます。

AirPods はコンパクトでスマート

こちらが AirPods のケースです。イヤホンが収納されており。ケース自体にバッテリーが内蔵されています。

ケースから取り出した AirPods。ケースと同じくコンパクトなのでなくしてしまうかと心配になります(片方無くしたら約 7000 円で買えるそう)。

従来の iPhone 純正イヤホンである EarPod と並べてみました、形状はそっくりだが、AirPods の方が長さがあります。この小さい本体にバッテリーやら W1 チップが入っているのだから当然と言えば当然です。

使用感

AirPods はフル充電で 5 時間駆動します。ケースに戻せば充電することができ、ケースの充電と合わせて最大でも 24 時間以上使うことができます。ちなみにケースへの充電は Lightning ケーブルで行います。

一度ペアリングしてしまえば耳に装着するだけで iPhone と接続されるため、シームレスに音楽を聴くことができます。また、他に iPad や Mac を持っているなら、ペアリングの情報は共有されるため、出力デバイスとして自動で認識されるので切り替えも楽です。ケーブルの抜き差しや、カバンの中で絡まったケーブルを解く手間がないのは最高です。

装着感はケーブルがないぶん引っ張られてずり落ちる感覚はない。もともと EarPod がフィットする人にとっては十分満足できる。

音質は EarPod と同等かそれ以上と感じる。ハイエンド イヤホンと比べるのは酷だし、外で使うのがメインなのでそれほど音質は気にしていない。オープン型なので音漏れには注意したい。だいたい iPhone の音量 60% あたりから目の前に立っている人に聞こえるくらいだろうか。

追記

運動しながらの使い心地を確かめるため、室内でランニング マシンを利用しながら使ってみた。結論として。全くずれることもなく快適に音楽を視聴できる。コードがないぶんフォームに干渉することもないので万々歳だ。

外でのランニングではまだ落とした時のダメージが(精神的にも金銭的にも)痛そうなので試していない。オープン型なのである程度外の音は聞こえるから安全そうではある。

ついでにバッテリー消費の目安として、1 時間ほど運動しながら音楽を聴き続けたら iPhone 側のバッテリーは 7% ほど消費された。iPhone のバッテリーは二ヶ月ほど前に交換したので 8 割以上の性能は出せる状態だと思う。

買うべし、AirPods

Apple ユーザーならば迷わず買ってもいい製品だ。しかし、現状公式オンラインストアで出荷が 6 週間後、店頭でも受け取り可能なのが 3 月上旬となっている(執筆時現在)。

今後供給が落ち着く頃には街で見かけることも多くなるのではないか。税込で 1 万 8 千円近くするので決して安い買い物ではないが、従来のイヤホンから格段に進化したクオリティにその価値は十分保証できるだろう。

ちなみに、落としてしまうのが心配な人向けなネックストラップもある。最もこれをつけるならその他のワイヤレスイヤホンでもいい気がするが。

Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

29,036円(06/26 07:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました