Mountieレビューしてみようじゃないか

Mountieレビューしてみようじゃないか

Macbookにお手軽外付けディスプレイ!?アダプタ,Mountie

広くなくていいのはおでこだけ,作業環境は広い方がいい! ラップトップを使っているとその携帯性に反比例した作業環境の狭さが気になってきます.Retinaディスプレイで高解像度になっているとはいえ,13インチのMacBookProではスタバドヤァをするにもディスプレイが小さすぎるのです.

当然Apple社に身を捧げた人間ならばiPadはまだしiPhoneを利用していることでしょう.ならばそれらを活用しない手はないです.

MountieはMacBookProやMacBookAirといったApple社のラップトップにiPhoneやiPadを装着することができるアダプタです.実物がこれ↓

自撮り棒や小槌にも見えるがそれよりも役に立ちます.2つあるクリップのうち片方でMacBookのディスプレイを挟みます.もう片方でiPadなどを挟めば外部ディスプレイができたようになります.

この状態でiPad側で動画を再生するもよし,Air Displayなどのアプリを使って作業領域を拡張するもよしです.

最近はこの状態でiPadのHuluアプリとAirPodsを利用しながら作業している.コードがないのでタブレットの向きや場所(ディスプレイの左右)にとらわれなくていい.

Mountieには5種類のアダプタが付属しており,つけたいデバイスやケースの有無によってクリップにつけるアダプタを交換するようになっている.そのため,上の画像ではタブレットが左側にあったが,アダプタを取り替えれば右側につけることも可能.色はグリーンとブルーの2種類あるが,使ってる時は見えないしどっちでも大差ない.

ただし,Mountieで取り付けたデバイスは,上から見ると若干”へ”の字のように,ユーザの方を向く形になる.もちろん正面からみれてありがたいのだけどおかげでMacBookを閉めることができない.机の端っこで閉じた時にタブレットが宙に浮くようにすれば閉じれるがそれはそれで怖い.離席時にロックされていないパソコンを触られないように注意が必要だ.