仮想マシンへのディスク追加方法

仮想マシンへのディスク追加方法

今回は Azure 仮想マシンにデータディスクを追加する方法を紹介します。手順としては、まず Azure でディスクリソースを追加し、その後 OS 内でディスクをマウントする流れとなります。

追加の管理ディスクリソース作成

仮想マシンのリソースを選択し、メニューから[ディスク]をクリックします。

[データディスクの追加]をクリックします。

[名前]欄のプルダウンを開き、[ディスクの作成]をクリックします。

[マネージド ディスクの作成]ブレードが開くので、管理ディスクの情報を入力し、[作成]をクリックします。

  • [ディスク名]:(任意のマネージドディスク名)
  • [リソース グループ]:(任意のリソースグループを選択)
  • [ソースの種類]:なし
  • [サイズ]:(任意の種類とサイズを選択)

ディスクのページに戻り、作成したディスクが選択されていることを確認して、上部の[保存]をクリックします。

OS 内でのディスクマウント

[コントロールパネル]を開き、[システムとセキュリティ]をクリックします。

[ハードディスクパーティションの作成とフォーマット]をクリックします。

[ディスクの管理]ウィンドウが開きます。ディスクの初期化を行なっていきます。

[ディスクの初期化]ウィンドウで[MBR(マスター ブート レコード)]を選択し、[OK]をクリックします。

マウントしたいディスクを右クリックし、[新しいシンプル ボリューム]をクリックします。

[新しいシンプル ボリューム ウィザード]ウィンドウが開きます。[新しいシンプル ボリューム ウィザードの開始]ページにて、[次へ]をクリックします。

[ボリューム サイズの指定]ページにて、ディスクのサイズを指定して[次へ]をクリックします。

[ドライブ文字またはパスの割り当て]ページにて、任意のドライブレターを割り当て、[次へ]をクリックします。

[パーティションのフォーマット]ページにて、[ボリューム ラベル]にボリュームを識別するための名前を入力し、[次へ]をクリックします。

[新しいシンプル ボリューム ウィザードの完了]ページにて、設定内容を確認し[完了]をクリックします。

フォーマットが完了するとディスクが識別されます。

エクスプローラーからも、追加のボリュームがあることが確認できます。