Azure Arc でオンプレのサーバーを Azure VM ライクに登録してみる

Azure Arc でオンプレのサーバーを Azure VM ライクに登録してみる

今回は Azure Arc を触ってみます。昨年の Ignite で発表されてからかなり力を入れて開発されているようで、対応サービスが増えています。一向に触っていませんでしたが、クラウドだけでなくオンプレも触らなければいけないので少しずつ慣れていきます。

Azure Arc とは

Azure Arc は Azure 以外の場所にあるリソースを Azure で管理するサービスです。これによりハイブリッドクラウド・マルチクラウドを実現できます。単純に Azure の監視エージェントを入れて死活監視だけ、といったものではなくちゃんと Azure の(一部)サービスで統括管理できるようになります。

Azure Arc で扱えるもの

Azure Arc で扱えるのは次の3種類です。

  • サーバー:Windows および Linux (物理と仮想マシンの両方に対応)
  • Kubernetes クラスター:
  • データベース:Azure SQL Database、PostgreSQL Hyperscale

Azure Policy や拡張機能によって、Azure 以外のサーバーにも統一した運用ポリシー(バージョン、構成、セキュリティ、ガバナンス)を適用できます。

Kubernetes 環境においては、Azure 以外の場所を含めた大規模なクラスターを管理できますし、Azure のデータサービス(Azure SQL Database、PostgreSQL Hyperscale)と組み合わせてエラスティックなスケールに活用できます。

Azure Arc の料金

Azure Arc の利用自体は現時点では無料で、Azure Arc で管理するサーバーなどに適用する各サービスの料金のみが発生します。

Azure Arc に仮想マシンをオンボード

今回はオンプレ(ESXi)で稼働している仮想マシンを1台オンボーディングしてみます。

オンボーディングスクリプトのダウンロード

Azure ポータルにて、[すべてのサービス] から「Azure Arc」を検索します。

Azure Arc のダッシュボード画面が表示されます。

左メニューの [サーバー] をクリックし、[追加] をクリックします。

追加方法を選択できるので、[スクリプトの生成] をクリックします。

[Azure Arc を使用してサーバーを追加] 画面の [前提条件] で、[次へ] をクリックします。

[リソースの詳細] タブにて、次のように設定し [次へ] をクリックします。

  • [サブスクリプション]:(Azure Arc リソースを登録するサブスクリプションを指定)
  • [リソース グループ]:(Azure Arc リソースを登録するリソースグループを指定)
  • [地域]:(Azure Arc リソースを登録するリージョンを指定、東日本はないので近いところにしました)
  • [オペレーティング システム][Windows] もしくは [Linux]
  • [プロキシ サーバー URL]:(対象のマシンがプロキシを使っている場合は URL を入力)

[タグ] タブにて、マシンを識別するための情報を入力しておきます。既定で4つのタグが設定されているので、入力するか項目を削除したら [次へ] をクリックします。

[スクリプトのダウンロードと実行] タブにて、Azure Arc 構成用のスクリプトが表示されますので、スクリプトの内容をコピーするか [ダウンロード] をクリックしてファイルをダウンロードします。

オンボーディングスクリプトの実行

先程のスクリプトを「OnboardingScript.ps1」というファイル名で登録したいサーバーに配置します。PowerShell を管理者モードで実行します。

PowerShell で保存したスクリプトを実行します。自動的に登録ファイルのダウンロードが行われ、資格情報の入力を求められます。

サインインを完了すると、登録処理が行われます。

Azure ポータルをみるとしばらくして登録したサーバーが表示されるようになります。

Azure VM とまではいきませんが、Azure ライクにオンプレのサーバーを管理できそうです。OS の情報なども自動で取得してくれます。

今後 Azure Automation や Azure Policy などとの連携についても触っていきたいと思います。