Azure 仮想ネットワークの作成

Azure 仮想ネットワークの作成

Azure 仮想ネットワークは、Azure で利用可能な独立したネットワークアドレス空間です。仮想マシンなどのリソースを展開するために必要で、それぞれの仮想ネットワークは互いに独立しているため、標準では外部からアクセスされることはないプライベートな空間です。

作りたい環境

今回は WVD の共有インフラとデスクトップ用の仮想マシンを配置するために、以下のような仮想ネットワークを作成します。右下にあるユーザーが接続する先の仮想マシン等を配置する環境です。

仮想ネットワーク作成手順

Azure ポータルにて、[リソースの作成]から[ネットワーキング]>[仮想ネットワーク]をクリックします。

[仮想ネットワークの作成]ブレードで、作成に必要な項目を入力していきます。

  • [名前]:(任意の仮想ネットワークリソース名)
  • [アドレス空間]:(仮想ネットワークで使用するアドレス空間 CIDR)
  • [IPv6 アドレス空間の追加]:未チェック
  • [サブスクリプション]:(任意のサブスクリプションを選択)
  • [リソースグループ]:(任意のリソースグループを選択)
  • [場所]:(任意のリージョンを選択)
  • [サブネット/名前]:(任意のサブネット名)
  • [サブネット/アドレス範囲]:(アドレス空間の中からこのサブネットに割り当てるアドレス範囲)
  • [DDoS 保護]:Basic
  • [サービス エンドポイント]:無効
  • [ファイアウォール]:無効

サブネットの追加

標準ではサブネットは1つしか作成されないので、サブネットを追加します。

[すべてのリソース]>[ネットワーク]>[仮想ネットワーク]をクリックします。作成した仮想ネットワークリソースを選択し、メニューから[サブネット]をクリックします。

上部の[サブネット]をクリックします。

[サブネットの追加]ブレードにて、サブネット作成に必要な情報を入力します。入力したら[OK]をクリックした作成します。

  • [名前]:(任意のサブネット名)
  • [アドレス範囲]:(サブネットに割り当てるアドレス範囲)
  • [IPv6 アドレス空間の追加]:未チェック
  • [ネットワーク セキュリティ グループ]:なし
  • [ルート テーブル]:なし
  • [サービス]:未選択
  • [サブネットをサービス委任]:なし

サブネットが作成されたことを確認します。