Azure 仮想マシンの作り方

Azure 仮想マシンの作り方

今回は Azure での仮想マシンを作成する手順を紹介します。事前準備として、仮想ネットワークの作成までは行っておいてください。

Windows 仮想マシンを作成し、リモートデスクトップ接続できる簡易な環境を作成します。画像右下の Domain Controller と Azure AD Connect の役割を果たす仮想マシンを作成します。

Azure 仮想マシン作成手順

Azure ポータルにて、[リソースの作成]から[仮想マシン]をクリックします。[基本]タブでは仮想マシンの基本情報を入力します。

  • [サブスクリプション]:(仮想ネットワークと同じサブスクリプションを選択)
  • [リソースグループ]::(任意のサブスクリプションを選択)
  • [仮想マシン名]:(仮想マシンのコンピュータ名となる名前)
  • [地域]:(仮想ネットワークと同じリージョンを選択)
  • [可用性オプション]:インフラストラクチャ冗長はありません
  • [イメージ]:Windows Server 2016 Datacenter
  • [Azure スポット インスタンス]:いいえ
  • [ユーザー名]:(仮想マシンのローカル管理者アカウント名)
  • [パスワード]:(仮想マシンのローカル管理者アカウントパスワード)
  • [パブリック受信ポート]:選択したポートを許可する
  • [受信ポートを選択]:RDP(3389)
  • [Windows Server ライセンスを既にお持ちの場合]:いいえ

[ディスク]タブでは、仮想マシンで利用するディスクの設定をします。

  • [OS ディスクの種類]:Standard HDD
  • [データディスク]:(必要に応じて追加)
    データディスクを追加した場合
  • [名前]:(任意のデータディスクの名前)
  • [ソースの種類]:なし
  • [アカウントの種類]:Standard HDD
  • [カスタム ディスク サイズ]:32

[ネットワーク]タブでは、ネットワーク関連の設定を行います。

  • [仮想ネットワーク]:(作成済みの仮想ネットワークリソースを選択)
  • [サブネット]:(作成済みのサブネットを選択)
  • [パブリック IP]:(新規で作成)
  • [NIC ネットワーク セキュリティ グループ]:Basic
  • [パブリック受信ポート]:選択したポートを許可する
  • [受信ポートを選択]:RDP(3389)
  • [高速ネットワーク]:オフ
  • [負荷分散]:いいえ

[管理]タブでは、仮想マシンの監視や管理について設定します。

  • [無料の Basic プランを有効にする]:いいえ
  • [ブート診断]:オフ
  • [OS のゲスト診断]:オフ
  • [システム割り当てマネージド ID]:オフ
  • [自動シャットダウンを有効にする]:オン
  • [シャットダウン時刻]:19:00:00
  • [タイム ゾーン]:(UTC + 09:00) 大阪、札幌、東京
  • [シャットダウン前の通知]:オン
  • [電子メール]:(通知先のメールアドレスを入力)
  • [バックアップの有効化]:オフ

[詳細]タブでは、専用ホストの利用や拡張機能のインストールなど、高度な設定を行えます。

  • [拡張機能]:未選択
  • [ホスト グループ]:未選択
  • [近接通信配置グループ]:未選択
  • [VM の生成]:Gen1

[タグ]には何も入力しないで、そのまま設定内容を確認して作成します。内容に問題がなければ数分で仮想マシンが作成されます。

仮想マシンへリモートデスクトップ接続

Windows 仮想マシンへのリモートデスクトップ接続を確認します。

作成した仮想マシンリソースを選択します。上部の[接続]をクリックします。

[仮想マシンに接続する]ブレードで接続する仮想マシンの IP アドレスを確認し、[RDP ファイルのダウンロード]をクリックします。

ダウンロードした RDP ファイルを実行して仮想マシンに接続します。

作成した仮想マシンは英語の OS イメージなので、以下の記事を参考に日本語化してください。