Azure VM の日本語化手順(Windows Server 2016)

Azure VM の日本語化手順(Windows Server 2016)

今回は Azure 仮想マシンを日本語化する手順をまとめたエントリーとなります。対象の OS は Windows Server 2016 です。対象の仮想マシンに RDP でサインインしたところからスタートです。

日本語言語パッケージのインストール

更新プログラムの適用

[Settings]>[Update & Security]>[Windows Update]>[Check for updates]から最新の更新プログラムが適用されるまで更新します。

言語パックのインストール

[Settings]>[Time & language]>[Region & language]>[Add a language] から「日本語(Japanese)」を探して選択します。[Set as default]を選択し、言語パックをインストールします。

インストール出来たら、[Options]をクリックし、[Hardware keybord]>[Change layout]で[Japanese keyboard (106/109 key)]を選択して[Sign out]をクリックします。(ここで一旦デスクトップからサインアウトします。)

システムの日本語化

再度サインインし、[設定]>[音声認識、地域、日付]>[地域]から以下のように設定します。

  • [タイムゾーン][(UTD+09:00) 大阪、札幌、東京]に変更
  • [国または地域][日本]に変更

[コントロールパネル]を開き、[時計、言語、および地域]>[地域]>[管理]>[Unicode 対応ではないプログラムの言語]>[システムロケールの変更][日本語(日本)]に変更します。再起動を要求されるので、再起動します。

三度サインインし、[コントロールパネル]から、[時計、言語、および地域]>[地域]>[管理]>[ようこそ画面と新しいユーザーアカウント][ようこそ画面とシステムアカウント]にチェックを入れます。ここでも再起動を要求されるので、再起動します。

これにて、Windows Server 2016 の日本語化は完了です。