Azure 仮想マシンをイメージ化する

Azure 仮想マシンをイメージ化する

今回は Azure 仮想マシンをイメージ化する方法を紹介します。仮想マシンをイメージ化することで、個別にカスタマイズした OS を効率的に複製することができます。VDI 環境などではこの機能を使うことで、統一した環境を展開することができます。

OS 内で Sysprep を実行

OS 内で以下のコマンドを実行します。

C:\Windows\System32\Sysprep\sysprep.exe /generalize /oobe /shutdown

エラーが発生する場合、C:\Windows\System32\Sysprep\Partner フォルダー配下のログを見るなどして不要なアプリのアンインストールを実行します。

Azure 仮想マシンをイメージ化

先ほど Sysprep のオプションで /shutdown を指定していたので、Azure 仮想マシンをみると[停止]状態となっているのが確認できます。(割当解除されていません)

ページ上部の[キャプチャ]をクリックします。

イメージリソースへの変換を行います。この操作によって、変換元の Azure 仮想マシンは使えなくなるので注意してください。

  • [名前]:(任意のイメージリソース名を指定)
  • [リソースグループ]:(任意のイメージリソースを選択)
  • [イメージの作成後、この仮想マシンを自動的に削除します]:有効
  • [ゾーンの回復性]:オフ
  • [仮想マシンを入力してください]:(変換元の仮想マシンリソース名を入力)

少し時間がかかって、イメージリソースへの変換が行われます。

仮想マシンリソースは削除されましたが、そのほかのリソースは残ったままなので、手動で削除してください。