Network

スポンサーリンク
Network

[検証用]OpenSSL で検証用の自己証明書を作成する手順

検証用自己証明書の目的 HTTPS や SSL など証明書が必要な検証環境を用意するための備忘録です。当然外部向けサービスには利用できないのでそういう目的の場合は外部機関で購入しましょう。簡易な検証環境、利用者が限られたクローズドなサ...
Network

学習用環境として vMX を ESXi で構築してみる!!

今回は ESXi 環境に Juniper Networks の仮想ルーターアプライアンスである vMX を構築する方法についてのエントリーとなります。仮想製品となると、数十万では済まない高額 NW 機器と同じ機能を試せるのは仮想アプライア...
Network

EdgeRouter-X のファームウェアアップデートをする

2ヶ月ほど前に購入した EdgeRouter-X のファームウェアアップデートを実施しました.どれくらいの通信断があるのか確かめてみました.アップデートの手順はごく簡単でした.アップデートの手法はアプリや GUI,CUI と複数の方法があ...
スポンサーリンク
Network

Let's Encrypt で SSL 証明書を(再)発行!

はい,つい一昨日のことです.当ブログの SSL 証明書をうっかり期限切れにしてしまいました.最初は検証用で使うくらいかなという気持ちで作ったので自動更新の設定とか忘れてました.ブログにアクセスすると警告が出るので数日間ガタッとアクセス数が...
Network

リンクアグリケーションとは

リンクアグリケーション(LAG/Link Aggregation Group)とは,複数の接続線を論理的にまとめて一つの接続線として扱うことで,帯域幅や耐障害性の向上を図る技術です.スイッチ同士を1本のリンクのみで接続した場合,そのリンクが単一障害点となってしまいます.
Network

OSPFラボ

次のような構成のラボネットワークを例にしてOSPFの設定方法を確認していきます.ラボネットワークは4つのOSPFエリアとRIPを動かす外部ネットワークが7台のルーターで構成されています.今回は各ルーターをLogical System(LS...
Network

OSPF:OSPFエリアの構成

OSPFルーターが交換するLSAはネットワーク内のルーター数に比例して増加していきます.LSAが増加するとLSA交換時のネットワーク帯域圧迫やLSDBの増大による計算リソースの消費が大きくなります.また,ネットワーク変更時の再計算も時間がかかります.
Network

STPの設定方法

工場出荷状態のJUNOSでは,全てのポートでRSTPが動作しています.STPを動作させる場合はRSTPの設定を無効化する必要があります.
Network

フィルタベースフォワーディング

ルーティングテーブルに採用されている経路情報以外の転送先にパケットを送り出すことが可能です.JUNOSのファイアウォールフィルターを使用して条件にマッチングしたパケットを転送することができます.
Network

ルーティングインスタンス

JUNOSでは,ルーティングテーブル,インタフェース,ルーティングプロトコルのパラメーターを論理的にグルーピングしたルーティングインスタンスと呼ばれるオブジェクトを使用します.1つのデバイス内で複数のルーティングインスタンスを定義することで,擬似的に複数のデバイスを稼働できます.
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました