読書

読書メモ「運用設計の教科書」2

前回の記事が長くなりすぎたので分割後編です。フェーズごとの運用設計を把握したので、カテゴリごとにどんな運用項目があるかをまとめます。 運用カテゴリごとの項目 主に要件定義や基本設計フェーズで行う運用項目の洗い出しの時、次にあげるような項目を記載する。 業務運用 対象範囲 利用者とシステム管理者間のやりとりを円滑に行う。サービスを提供するアプリや利用者に関連するものが多い。 IPO インプット情報 […]

読書メモ「運用設計の教科書」

「運用設計の教科書」を読んだメモです。運用設計全体のイメージがつかめ、プロジェクトを想定して各フェーズで行うべきことがまとめられているのでわかりやすかったです。 運用設計とは 運用とは システムもしくは提供するサービスの利用開始から終了まで必要となる業務のこと。 サービスを安定して提供する システムを正常に保つ サービスを効率的に提供できるよう運用を改善する 運用設計の目的 運用に必要な仕組みを決 […]

読書メモ「「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書」

  • 2021.01.10

読書メモです。効率的に本を読むように意識づけしていく。 能動的に読書するための5つの力 読解力 論理的思考力 要約力 客観的思考力 応用力 これらの力を身につけるための「東大読書」 東大読書のステップ 仮説作り 質問 整理読み 検証読み 議論読み 仮設作り:読書前の準備 タイトルや帯、装丁から本のテーマや伝えたいことの情報を得ておく。 本からどんな情報を得たいか目的をはっきりしておく。 装丁読みの […]

読書メモ「学びを結果に変えるアウトプット大全」

  • 2020.12.28

読書メモ。アウトプットによる利点と具体的に意識すると良い点が項目ごとに数十個紹介されています。 アウトプットによる利点 アウトプットとは インプット:聞く、読む アウトプット:話す、書く、行動する アウトプットするメリット インプットだけでは自分の中の世界しか変わらない。アウトプットすると自己の成長につながる。 自分の記憶に残る(運動と一緒) 周囲からの評価が変わる 成長が楽しくなる TALK 主 […]

読書メモ「一番伝わる説明の順番」

  • 2020.06.05

読んだ本を紹介します。説明下手を克服したい人向けの本。どうしたら伝わりやすい説明をできるかを意識できます。 説明が下手な人の特徴 考えた順番で話す 理解度を合わせない 主張が明確でない 賢い=説明がうまい、ではない。下手な説明は逆に相手を混乱させる。順番は「伝えたい目的」に合わせる。専門用語や難解な知識は相手のレベルに合わせていない。自分の言いたいことを把握し、相手が整理できるように説明する。 わ […]