Duplexとは

Duplexとは

全二重と半二重

全二重通信とは1本の通信経路で送信と受信を同時に行える通信方式のことです.大して半二重通信とは送信と受信のどちらかしか同時に行えない通信方式です.

半二重通信では通信の衝突(コリジョン)が発生するため,CSMA/CDでコリジョンを検出する必要があります.リピータハブによるEthernet通信や,無線LAN通信で用いられます.

全二重通信ではコリジョンが発生しないため,CSMA/CDは無効化されます.スイッチングハブやルーターなど一般的なEthernet通信環境で用いられます.

オートネゴシエーション

Ethernet LANでは通信速度や通信方式を合わせていないと通信が不安定になります.IEEE802.3uにより標準化されているオートネゴシエーション機能によって通信速度と通信方式を最適化できます.FLPバーストという信号を交換することで相手の通信速度と通信方式を以下の優先順位に従って決定します.

  1. 1000BaseT/Full duplex
  2. 1000BaseT/Harf duplex
  3. 100BaseT2/Full duplex
  4. 100BaseTX/Full duplex
  5. 100BaseT2/Half duplex
  6. 100BaseT4
  7. 100BaseTX/Half duplex
  8. 10BaseT/Full duplex
  9. 10BaseT/Half duplex

オートネゴシエーションの注意点

片方の通信機器でオートネゴシエーションを有効化し,もう片方の機器でオートネゴシエーションを無効化(100Mbps/Full duplex)に設定した場合,オートネゴシエーション側が対抗機器の通信方式を検出できないため,半二重通信で通信を行おうとしてしまいます.(通信速度はFLP(100Mbps)やNLP(10Mbps)で検出可能.)
通信方式の不一致が発生すると,通信が不安定になり,データ通信が遅くなったりといったトラブルが発生します.