Microsoft Defender セキュリティセンター オンボーディング〜iOS デバイス Intune 編(プレビュー)〜

Microsoft Defender セキュリティセンター オンボーディング〜iOS デバイス Intune 編(プレビュー)〜

今回は Intune を使って iOS デバイスを Microsoft Defender セキュリティセンターへオンボードする方法を紹介します。iOS デバイスのオンボーディングに関してはまだプレビュー段階なので、今後手順が変わることにご留意ください。

前提条件

iOS デバイスのオンボーディングには Intune に登録しておく必要があります。また、iOS デバイスを対象にしますが Microsoft Defender ATP のサービスを利用するために Windows 10 E5 などのライセンスが必要です。

  • Intune に iOS デバイスを登録している
  • Intune ライセンス
  • Microsoft Defender ATP を利用できるライセンス

オンボーディング手順

TestFlight アプリのインストール

プレビュー版アプリを iOS で利用するために、TestFlight アプリをインストールします。iOS デバイスで、次の URL からアプリをインストールします。

https://aka.ms/defenderios

リダイレクトしたページで [View in App Store] をタップします。

App Store で「TestFlight」アプリをインストールします。

インストールが完了したら先程のページに戻ります。

Microsoft Defender ATP アプリのインストール

次に Microsoft Defender ATP アプリをインストールします。[Start Testing] をタップします。

TestFlight アプリが起動するので、Microsoft Defender ATP アプリの利用を開始するために [ACCEPT] をタップします。

続けて [INSTALL] をタップします。

Microsoft Defender ATP アプリのを起動すると、注意事項が表示されるので確認して [Next] をクリックします。

Microsoft Defender ATP をセットアップするために、デバイスに VPN 設定が必要となります。[Allow] をタップして設定アプリで VPN 設定を自動追加します。

VPN 設定が追加され、[Microsoft Defender ATP] の項目が追加されます。

Microsoft Defender ATP アプリではデバイスのセキュリティ状態を確認できます。

オンボーディング確認

Microsoft Defender セキュリティセンターからデバイスがオンボーディングされることを確認します。無事に iOS デバイスが登録されています。

iOS デバイスのオンボーディングはプレビュー中ですが、Windows デバイス以外も簡単に管理できることがわかります。