AD 同期ユーザーで Office 365 のエイリアスメールアドレスを追加する方法

AD 同期ユーザーで Office 365 のエイリアスメールアドレスを追加する方法

今回はオンプレ AD から同期したユーザーで Office 365 (Exchange Online) のエイリアスメールアドレスを使う方法を紹介します。

Office 365 のメールアドレスについて

Exchange Online を含むサービスを契約しているとオンラインメールを利用できます。ユーザーごとに利用できるメールアドレスを設定できますが、このメールアドレスは2種類存在しています。

プライマリメールアドレス

ユーザーが通常利用するメールアドレスです。UPN と一致するケースが多いですが、個別に変えることも可能です。メールの受信と送信が可能。

プロキシアドレス

ユーザーが追加で利用可能なメールアドレスです。エイリアスなどとも呼ばれます。組織内で一意に特定できれば、複数のプロキシアドレスを設定することができます。設定したメールアドレスで受信はできますが、送信はできません。

AD 同期したユーザーでの設定方法

上記のプロキシアドレスはほとんどの場合、ユーザーを作成した後に個別設定しなければいけません。しかし、AD 同期したユーザーは属性の変更が制限されるため、Azure AD や Microsoft 365 管理センターから設定することができません。設定するには AD 側で操作が必要です。

プロキシアドレスを追加するには AD で以下のコマンドを実行します。AD ユーザーの ProxyAddress 属性を変更します。

SMTPsmtp の記述は重要なので注意してください。SMTP とするとプライマリメールアドレス、smtp とするとプロキシアドレスになります。

  • ユーザー名:AD のユーザーアカウント名
  • メールアカウント:プライマリメールアドレスの@の前の部分です
  • エイリアス:サブメールアドレスとして利用する@の前の部分です
Set-ADUser -Identity <ユーザー名> -add @{ProxyAddresses="SMTP:<メールアカウント>@contoso.com,smtp:<エイリアス>@contoso.com" -split “,”}

ユーザー情報が同期されると Azure AD ユーザーの情報に反映され、プロキシアドレスでメール受信できるようになります。