Office 展開ツールでの Office 365 ProPlus インストール方法

Office 展開ツールでの Office 365 ProPlus インストール方法

今回は Office 展開ツールを使って Office 365 ProPlus をインストールする方法を紹介します。Office 展開ツールを利用すると、標準のインストール方法とは違って柔軟なインストールを実行することができます。

Office 展開ツールでのインストール

以下のページから Office 展開ツールをダウンロードします。[Download]ボタンをクリックしてファイルをダウンロードします。

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49117

ダウンロードしたファイルを実行します。ライセンス条項に同意して、[Continue]をクリックします。Office 展開ツールの実行ファイルを展開するフォルダを指定します。

展開が完了すると、下のようなファイルが見えるようになります。

いずれかの XML ファイルをコピーして適当な名前をつけます。(例:configuration.xml)そのファイルを編集し、内容を以下のようにします。

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="64" Channel="Monthly">
    <Product ID="O365ProPlusRetail">
      <Language ID="ja-jp" />
      <Language ID="MatchOS" />
      <ExcludeApp ID="Groove" />
      <ExcludeApp ID="Lync" />
      <ExcludeApp ID="Teams" />
      <ExcludeApp ID="OneDrive" />
    </Product>
  </Add>
  <RemoveMSI/>
  <Updates Enabled="FALSE"/>
  <Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" />
  <Logging Level=" Standard" Path="%temp%\WVDOfficeInstall" />
  <Property Name="FORCEAPPSHUTDOWN" Value="TRUE"/>
  <Property Name="SharedComputerLicensing" Value="1"/>
</Configuration>
  • 日本語版の Office 365 ProPlus をインストール
  • OneDrive はインストールしない
  • Skype for business はインストールしない

このファイルを CLI から操作していきます。Shift + 右クリックで PowerShell を開くか、コマンドプロンプトなどで展開先のフォルダに移動します。

以下のコマンドを実行していきます。configuration.xml は上でコピーしたファイル名を指定します。

.\Setup.exe /configure configuration.xml

OneDrive のインストール

標準でインストールされている OneDrive ではなく、マルチセッションで使えるように再インストールします。

以下の URL から、OneDrive のインストーラーをダウンロードします。

https://aka.ms/OneDriveWVD-Installer

ダウンロードしたインストーラーをコマンドラインから実行します。

.\OneDriveSetup.exe /uninstall
REG ADD "HKLM\Software\Microsoft\OneDrive" /v "AllUsersInstall" /t REG_DWORD /d 1 /reg:64
.\OneDriveSetup.exe /allusers
REG ADD "HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run" /v OneDrive /t REG_SZ /d "C:\Program Files (x86)\Microsoft OneDrive\OneDrive.exe /background" /f
REG ADD "HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive" /v "SilentAccountConfig" /t REG_DWORD /d 1 /f