AVD 用 Windows 11 日本語イメージを作成する

AVD 用 Windows 11 日本語イメージを作成する

先日 Azure Virtual Desktop (AVD) 用の Windows 11 イメージが Azure Marketplace で公開されたので、早速日本語言語設定のイメージを準備する手順を確かめました。

AVD 用 Windows 11 イメージの展開

Azure Marketplace で「Windows 11」と検索します。[Windows 11 Preview] というイメージがあるので、[プラン] のプルダウンから [Windows 11 Enterprise multi-session (Preview)] を選択して VM を作成します。

VM の作成が終わったら、RDP 接続ができるようにネットワークの設定などを整えます。

Windows Firewall 設定

Windows Update を適用するために次のコマンドを PowerShell で実行してネットワーク設定を行います。

netsh advfirewall firewall add rule name="Windows Remote Management (HTTP-In)" dir=in action=allow service=any enable=yes profile=any localport=5985 protocol=tcp
Enable-PSRemoting -Force

グループポリシーの無効化

特定のアプリケーションが更新されていると一般化の際に邪魔になるため、ローカル ポリシー エディターでいくつかの設定を変更しておきます。「gpedit.msc」 を起動します。

次のポリシーを変更します。

ポリシー設定値
Computer Configuration\Administrative Templates\Windows Components\Cloud content\Turn off Microsoft Consumer Experiences有効
Computer Configuration\Administrative Templates\Windows Components\Store\Turn off Automatic Download and Install of updates有効
Computer Configuration\Administrative Templates\Windows Components\Store\Turn off the offer to update to the latest version of Windows有効

ポリシーを変更したらコマンドプロンプトで次のコマンドを実行し、ポリシーを適用します。

gpupdate /force

Windows Update の適用

この段階で Windows Update を適用し、システムを最新の状態にします。必要に応じて再起動を実行しておきます。

日本語言語パックのインストール

今バージョンでは画面中央下部に配置されたスタートメニューから、[Settings] を開きます。

[Settings] にて、[Time & language]>[Language & region] をクリックします。

[Add a language] をクリックします。

検索バーで「Japanese」と入力し、一覧に表示された「日本語」を選択して [Next] をクリックします。

[Optional language features] でインストールする項目を選択し、[Set my Windows display language] も選択します。選択したら [Install] をクリックします。

インストールが完了するまでしばらく待機します。

インストールが完了するとサインアウトを促されるので、[Sign out] をクリックします。

再び接続すると一部メニューが日本語になっていることが確認できます。

システム言語の日本語化

スタートメニューから [設定] を開きます。

[Windows Update] で再度システムを最新の状態にしておきます。

[時計と言語]>[日付と時刻] を開き、[タイムゾーン][(UTC+09:00) 大阪、札幌、東京] を選択します。

[時計と言語]>[言語と地域] を開き、[日本語] のメニューから [言語のオプション] をクリックします。

[キーボード レイアウト][レイアウトを変更する] をクリックします。

[ハードウェア キーボード レイアウトの変更] にて、キーボードレイアウトを変更する場合はプルダウンから選択し、再起動します。Windows 11 ではリモートデスクトップで接続しているキーボードを識別してくれるようです。

[時計と言語]>[言語と地域] [地域]>[国または地域][日本] を選択します。

[関連設定]>[管理用の言語の設定] を開きます。

[地域] にて、[設定のコピー] をクリックします。

[ようこそ画面とシステム アカウント][新しいユーザー アカウント] にチェックを入れて [OK] をクリックします。

[表示言語の変更] で再起動を促されますが、[後日] をクリックします。再起動した場合は、再接続後に再度 [関連設定]>[管理用の言語の設定] を開きます。

再び [地域] にて、[システム ロケールの変更] をクリックします。

[地域の設定] にて、[現在のシステム ロケール][日本語 (日本)] を選択して [OK] をクリックします。

[システム ロケール変更] にて、再起動を促されるので [今すぐ再起動] をクリックします。

再びリモートデスクトップ接続するとき、サインイン中のシステムメッセージも日本語となっていることが確認できます。

ストアアプリの日本語化

このままだと一部のストアアプリが英語表記のままなので、こちらも日本語に変更します。

スタートメニューから [Microsoft Store] を開きます。

右上のメニューから [ダウンロードと更新] をクリックします。

更新を取得したら [すべて更新] をクリックし、すべてのアプリが更新されるのを待ちます。

更新が完了すると、ストアアプリが日本語化されたことを確認できます。

Windows の一般化とイメージ化

次のコマンドを実行して、Sysprep でイメージを一般化します。一般化が正常に終了すると、シャットダウン状態となるため、リモートデスクトップが切断されます。

C:\Windows\System32\Sysprep\Sysprep.exe /shutdown /oobe /generalize

一般化が完了したら Azure ポータルから VM をイメージリソースに変換します。単一のマネージドイメージリソースか共有イメージギャラリーに登録します。

Azure で管理対象イメージを作成する – Azure Virtual Machines | Microsoft Docs

イメージからの作成

作成したイメージから VM を作成し、日本語化した Windows 11 VM が作成できたことを確認します。