STPの設定方法

STPの設定方法

STPの動作設定

RSTPの無効化

工場出荷状態のJUNOSでは,全てのポートでRSTPが動作しています.STPを動作させる場合はRSTPの設定を無効化する必要があります.

delete protocols rstp

あるいはインタフェース単位で無効化することも可能です.

delete protocols rstp interface [INTREFACE]

STPの有効化

STPを有効化します.

set protocols stp

インタフェース単位でのSTP有効化も可能です.

set protocols stp interface [INTREFACE]

プライオリティ

デフォルトでは32768が設定されています.プライオリティは小さな値が優先され,0~61440の間で4096の倍数である必要があります.

set protocols stp bridge-priority [PRIORITY]

エッジポート

エッジポートはエンドユーザ等が接続するスイッチのポートに対して設定します.エッジポートによりPCの接続後に50秒間の通信待ち時間を回避することができます.エッジポートに設定されたポートはフォワーディング状態から開始します.この設定を使用する場合はループ障害に注意する必要があります.

set protocols stp interface [INTREFACE] edge

Forward Delay

Forward Delayはデフォルトでは15秒に設定されています.設定可能な値の範囲は4~30秒です.

set protocols stp forward-delay [SECONDS]

MAX age

デフフォルトでは20秒に設定されています.設定可能な値の範囲は6~30秒です.

set protocols stp max-age [SECONDS]

BPDU送出間隔

デフォルトでは2秒に設定されています.設定可能な値の範囲は1~10秒です.

set protocols stp hello-time [SECONDS]

ポートコスト

ポートコストはインタフェースの速度により決定されるが,明示的に設定することも可能です.

set protocols stp interface [INTREFACE] cost [COST]

ルートポート禁止

インタフェースがよりルートポートにふさわしいBPDUを受け取っても,そのポートがルートポートへ昇格することを禁止することがでます.もしそのようなBPDUを受け取った場合,設定したポートはBlocking状態になります.

set protocols stp interface [INTREFACE] no-root-port

STPの状態確認

以下のコマンドでSTPの設定を確認できます.

show spanning-tree bridge
show spanning-tree interface