ネットワーク

1/3ページ

リンクアグリケーションとは

リンクアグリケーションの概要 リンクアグリケーション(LAG/Link Aggregation Group)とは,複数の接続線を論理的にまとめて一つの接続線として扱うことで,帯域幅や耐障害性の向上を図る技術です. スイッチ同士を1本のリンクのみで接続した場合,そのリンクが単一障害点となってしまいます.別のリンクを接続しておくことも可能ですが,通常はSTPなどのループ防止機能によって通信がブロックさ […]

OSPF:OSPFエリアの構成

OSPFエリアの必要性 OSPFはAS内部で使用されるIGPsの一種です.AS内でOSPFネットワークが大規模になってルーターの数が増えると様々な問題が生じます. ネットワーク上を流れるLSAが増大し,ネットワーク帯域を圧迫 LSDBのサイズが増大 ルーティングテーブルのサイズが増大 CPU負荷やメモリ消費の増大 ネットワーク内の変更時に影響が大きい OSPFルーターが交換するLSAはネットワーク […]

STPの設定方法

  • 2019.05.12

STPの動作設定 RSTPの無効化 工場出荷状態のJUNOSでは,全てのポートでRSTPが動作しています.STPを動作させる場合はRSTPの設定を無効化する必要があります. あるいはインタフェース単位で無効化することも可能です. STPの有効化 STPを有効化します. インタフェース単位でのSTP有効化も可能です. プライオリティ デフォルトでは32768が設定されています.プライオリティは小さな […]

フィルタベースフォワーディング

フィルタベースフォワーディングとは ルーティングテーブルに採用されている経路情報以外の転送先にパケットを送り出すことが可能です.JUNOSのファイアウォールフィルターを使用して条件にマッチングしたパケットを転送することができます. R1でデフォルトルートのネクストホップが192.168.20.2であるルーティングインスタンスを作成します. ポリシーオプションでパケットを転送処理するインタフェースe […]

ルーティングインスタンス

ルーティングインスタンスとは JUNOSでは,ルーティングテーブル,インタフェース,ルーティングプロトコルのパラメーターを論理的にグルーピングしたルーティングインスタンスと呼ばれるオブジェクトを使用します.1つのデバイス内で複数のルーティングインスタンスを定義することで,擬似的に複数のデバイスを稼働できます.それぞれのルーティングインスタンスで,グルーピングされた情報は分離されています. JUNO […]

JUNOSでの負荷分散

JUNOSでの負荷分散 ルーティングテーブルはある宛先に対して一つの経路情報を登録します.しかし,複数のインタフェースから同じコスト(イコールコスト)の経路情報を受け取ることがあります. 複数のイコールコストの経路情報を持つ場合,ルーターは決められたアルゴリズムに従って,それらの複数の経路にパケットをロードバランスさせることができます. JUNOSでは最大16本のロードバランス回線をサポートします […]

バーチャルシャーシ

バーチャルシャーシの概要 バーチャルシャーシ(VC:Virtual Chassis)はJuniperスイッチの筐体冗長機能の一つです.VCは専用のバーチャルシャーシポート(VCP)を使ってスイッチ筐体を接続して構成します.VCPはx/y/zという番号が割り当てられます.xはメンバーID,yはPIC ID,zはポートIDになります. VCのロール マスターロール(RE) アクティブなルーティングエン […]

マーシャンアドレス

マーシャンアドレスとは マーシャンアドレスはパケットを転送すべきではないプレフィックスのことです.インターネット上の規約で使用できないようになっているアドレスなどが該当します.RFC2827ではこれらの不適切なアドレスによる通信を,通信事業者が破棄することを推奨しています. Junosではデフォルトで以下のアドレスがマーシャンアドレスとして登録されています. マーシャンアドレスの登録は以下のように […]

スタティックルート,アグリゲートルート,生成ルート

ルーティングプロトコルに依存しない経路制御の方法を紹介します.ルーティングの基本となるスタティックルート,アグリゲートルート,生成ルートについて紹介します. スタティックルート スタティックルートの概要 スタティックルートは静的経路とも言います.事前に宛先ネットワークごとのネクストホップを定義しておくことで,パケットを転送します.設定に必要な情報は宛先アドレスとネクストホップのIPアドレスのみであ […]

マルチキャストルーティングプロトコルの動作モード

マルチキャストルーティングプロトコルにはDenseモードとSparseモードの大きく2種類のモードがあります.動作モードの選択は,Sender/Receiverの配置状況やネットワーク帯域幅から判断して決めます.しかし,今では既存の設備との兼ね合い以外でDenseモードを選択することは少ないです. Mode Description Denseモード 送信元ツリーを使用. Sparseモード 送信元 […]

1 3