WVD のホストプールを展開

WVD のホストプールを展開

今回は WVD のホストプールを展開し、実際に接続可能な VDI 環境を用意するところを紹介します。実際に接続テストできることを確認していきます。

新型 WVD(Spring Update 対応版)

Spring Update で Azure ポータルからの操作に対応したバージョンはこちらから!

ホストプールの展開

WVD のホストプールは Azure ポータルから行えます。[Windows Virtual Desktop]と検索すると下のサービスが出るので選択し、[作成]をクリックします。

  • [サブスクリプション]:(任意のサブスクリプションを選択)
  • [リソースグループ]:(任意の空のリソースグループを選択)
  • [リージョン]:(セッションホストを展開する任意のリージョンを選択)
  • [Hostpool name]:(任意のホストプール名)
  • [Desktop type]:Pooled (占有型割り当ての時は Personal)
  • [Default desktop users]:(WVD サービスへのアクセスを割り当てる Azure AD ユーザーをカンマ区切りで指定)
  • [Service metadata location]:United States
  • [Usage Profile]:Custom
  • [Number of virtual machines]:1
  • [Virtual machine size]:D2v3
  • [Virtual machine name prefix]:(セッションホスト VM の接頭辞になる文字列)
  • [Image source]:Managed image
  • [Image name]:(複製元とする任意のイメージリソースの名前)
  • [Image resource group name]:(イメージリソースのリソースグループ名)
  • [Disk Type]:Standard HDD
  • [AD domain join UPN]:(ドメイン参加に利用するユーザー名、ローカル管理者にもなる)
  • [Admin Password]:(上のユーザーのパスワード)
  • [Specify domain or OU]:Yes(OU などを指定する場合は Yes)
  • [Domain to join]:(参加するドメイン名)
  • [OU Path]:(参加する OU のパス)
  • [Virtual network]:(セッションホストを配置する仮想ネットワーク)
  • [vmSubnet]:(セッションホストを配置するサブネット)
  • [Windows Virtual Desktop tenant group name]:Default Tenant Group
  • [Windows Virtual Desktop tenant name]:(WVD テナントの名前)
  • [Windows Virtual Desktop tenant RDS Owner]:Service principal
  • [Application ID]:(サービスプリンシパルのアプリケーション ID)
  • [Password]:(サービスプリンシパルのシークレット)
  • [Azure AD tenant ID]:(Azure AD テナントの ID)

上記のパラメーターを全て設定し、問題がなければセッションホストが展開されます。セッションホストは通常の Azure 仮想マシンのように Azure ポータルから確認できます。

仮想マシンの情報を確認してみると、パブリック IP は付与されていないことがわかります。

セッションホストへの接続確認

Web クライアントでセッションホストへの接続を試します。プライベートブラウザなどを使って、下のリンクへアクセスします。

https://rdweb.wvd.microsoft.com/webclient

Azure AD のサインインを求められるので、WVD サービスへのアクセスを割り当てた Azure AD ユーザーでサインインしてください。

サインインに成功し、ユーザーにリソースが割り当てられていれば、このようにアクセス可能なリソースのアイコンが表示されます。アクセスしたいアイコンをクリックします。

リソースのリダイレクト確認が表示されます。[許可]をクリックします。

資格情報の入力を求められます。ドメインユーザーの資格情報を入力してください。

認証できれば、WVD で仮想デスクトップへのアクセスが成功します。