Intune で Windows デバイスを利用するための手順

  • 投稿日:2020.07.28
  •        
  • 更新日:2020.07.29
  •           
  • Intune
Intune で Windows デバイスを利用するための手順

今回は Intune ライセンスを有効化したテナントで、Windows デバイスを利用するための準備と手順を紹介します。

事前準備

  • Intune サブスクリプションを利用開始する。
  • Intune ライセンスを適用するユーザーもしくはグループを作成する。

手順

Windows 10 デバイスの自動登録設定

Intune 関連の設定を行うために、Microsoft Endpoint Manager admin center にアクセスします。

[すべてのサービス]>[デバイス]>[Windows]>[自動登録]をクリックします。

[構成]ブレードで、デバイスを Azure AD に登録した時に、自動で Intune にデバイス登録するユーザーを指定します。[MDM ユーザー スコープ]を[一部]もしくは[すべて]に変更します。[一部]にした場合は Azure AD のグループを選択します。変更したら[保存]をクリックします。

Windows デバイスの登録

Windows デバイスを Intune に登録するにはいくつかの方法が用意されています。

  • BYOD:Windows Store のポータルサイトアプリを利用してデバイスを登録します。
  • Azure AD 参加:デバイスを Azure AD に参加させます。
  • Windows Autopilot:組織所有のデバイスを自動展開します。

自動登録設定をしたことにより、Azure AD 参加させると自動で Intune に登録されます。

Windows デバイスで、[設定]>[アカウント]>[職場または学校にアクセスする]をクリックします。[接続]をクリックします。

[このデバイスを Azure Active Directory に参加させる]をクリックし、Azure AD アカウントの資格情報を入力します。

資格情報を正しく入力すると、デバイスが Azure AD に参加します。Azure ポータルで、[Azure Active Directory]>[デバイス]のリストを確認できます。

また、自動で Intune にもデバイス登録されます。Microsoft Endpoint Manager で、[デバイス]>[すべてのデバイス]から登録されたデバイスを確認できます。